ウイング型のトラックが話題|注意点を知っておこう

このエントリーをはてなブックマークに追加

買う時のポイント

トラック

一般の人にとっては、ウイングトラックと聞いてもあまりピンと来ないかもしれないのですが、運送業界ではとても重宝されています。トラックの荷台が箱型で、片側かもしくは両面の壁が跳ね上がる仕組みになっているため、まるで鳥が羽を広げたみたいなのでウイングトラックと呼ばれているのですが、荷物の積み下ろしが楽なのが最大の特徴だと言えます。新車にしても、中古だったとしても、一般的な車屋さんに足を運んでもなかなかウイングトラックを置いていないですから、専門店に行くことをおすすめします。メリットはきちんと整備をしている、店主が業界に顔が効くなら安くウイングトラックを仕入れることができる、などといったことが期待できます。

信頼できるウイングトラックの専門店を知っているなら気にしなくても構わないのかもしれませんが、それでも万が一のことを考えて、購入前にはチェックしておきたいものです。ウイングトラックの特性上、荷台の扉の接合部分は雨風にさらされているので傷みやすく、長く使用しているものは突然動かなくなる場合があります。そんな事態を避けるためには、錆びていないかを見ておくのも大切ですし、可能であれば中古でも保証がついているものが望ましいです。また、重量を軽くするために、アルミを使用していることが多いのですが、鉄などに比べると、いったん穴が空くと塞ぐのは素人では難しいので、修理をしてもらえるお店で購入しておくのが良い方法です。