ウイング型のトラックが話題|注意点を知っておこう

このエントリーをはてなブックマークに追加
  1. ホーム
  2. 良いものを選ぶ方法

良いものを選ぶ方法

大型車

店舗の評判

アルミウイングトラックとは、荷台がアルミでできた箱型になっていて、雨が降っても荷物が濡れないなどがメリットです。費用のことを考えると、中古のアルミウイングトラックを選びたいところですが、その際には必ず見ておきたことがあります。まずはアルミウイングトラックを扱っている業者のことで、インターネットで検索して、口コミがあるなら必ずチェックしておきましょう。ただし、あまりにも評判が酷いなら避けておくのはもちろんですが、良いことしか載っていないのも要注意で、関係者の投稿かもしれないため、客観的に見ておくのがコツと言えます。それからアルミウイングトラックを長年扱っている業者なら、メンテナンスのやり方も熟知しているでしょうから、創業年数にも注目です。

惑わされない

年式が新しいアルミウイングトラックの方が、一見すると良いように感じられるものの、どれくらいの年数でその距離に達したのかが重要になってきます。走行距離を使用年数で割ってみて、もしも一年ほどで数十万キロを走破しているなら、酷使されてきた証拠になりますから、購入した後で何かしらの故障が出やすくなります。だからといって、まったく走っていないアルミウイングトラックの場合、雨風に当たった状態で放置されているなら、エンジンが無事でも荷台が腐食したり、すでに穴が開いていたりする可能性があるのです。前の持ち主がどのような扱いをして来たのかを聞けるのが良いため、業者とのコミュニケーションはこまめに取って探りを入れておきましょう。